NEC、トラフィックの特徴を基にIoTサービスを自動的に分類可能に

最終更新日:

NECは、主に通信事業者向けに、ネットワークを流れるトラフィックの特徴を基にさまざまなIoTサービスを自動的に分類するソリューション「Context-aware Service Controller」の提供を開始する。サービスごとにネットワークを制御することで、ネットワークリソースの割り当てを最適化することも可能だ。  本ソリューションでは、深層学習技術の活用により、トラフィックの時系列データを基にトラフィックの特徴を抽出し、IoTサービスごとに自動的に分類するとともに、サービスごとのネットワークの利用状況を可視化する。また、分類されたサービスごとにネットワークの帯域制御や優先制御を行える…>>続きを読む

サイト名: キーマンズネット
2018年2月8日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する