楽天:「第4の携帯」名乗り 寡占市場に風穴開くか 料金引き下げ課題

最終更新日:

楽天は26日、総務省が新たに割り当てる携帯電話事業者向けの電波取得を申請し、正式に「第4の携帯電話会社」として名乗りを上げた。同社の参入により、NTTドコモなど大手3社による寡占状態の携帯電話市場に風穴が開き、海外に比べて割高な料金引き下げなどが期待されるが、巨額の投資が必要な通信網の整備など課題も

サイト名: 毎日jp
2018年2月26日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する