人類とテクノロジーの「折り合い」をつけるために、いまアートができること:「ヒューマニティをテクノロジーで拡張する」MATトークレポート

最終更新日:


2月9日〜25日に開催されたテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」には、自動車メーカーのホンダがメディアアーティスト・浅井宣通とともにつくった作品『CONNECTED FLOWER』が展示された。なぜ自動車メーカーがアート作品をつくるのか? 浅井とホンダの阿部典行、デザイナーの廣川玉枝という3人によるトークからは、ホンダの「テクノロジー」に対する姿勢が浮かび上がってきた。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する