FJQS、自治体向け災害避難者支援SaaSと市民向けスマホアプリを提供

最終更新日:

富士通九州システムズ(FJQS)は、自治体の危機管理者向けに、災害避難者を支援するためのSaaS型サービスの提供を4月に開始する。併せて一般市民向けに、災害時の助け合いにつながる地域コミュニティーを形成するためのスマートフォン用アプリケーション「ツナガル+」の無料配布を開始する。  本サービスとアプリを利用することで、避難者と危機管理者、または避難者同士が双方向でリアルタイムに情報交換を行える。災害発生時に危機管理者から指定外避難所の避難者への公的支援を効率的に行え、避難者同士も共に助け合えるコミュニケーション基盤を提供する。  危機管理者向けサービスの主な機能は3つ。1つ目の災害モード…>>続きを読む

サイト名: キーマンズネット
2018年4月12日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する