「WEB公開と言えばFTP」世代に贈る Windows + SourceTree で Heroku を使おうとして悪戦苦闘した話

最終更新日:

Windows から Heroku を使いたい。
PredictionIOが使いたかったんです。人工知能ですってよ。ECには欠かせないレコメンデーションエンジンが作れるんだってよ。そんな言葉に踊らされて「でもね、実質 Heroku じゃないと使えないよ」という警告を軽く考えて手を出してみた Heroku。
しかし、全然わからない! なにこれ。ファイルのアップロードどうやるの? デプロイしたファイルはどこに格納されてるの? どうやって編集するの?! そんなこんなで約1年放置して、いい加減クローズしようと思って触り始めたら、その間に蓄えられた知識と経験で、案外すんなり使えてしまったのです。
ここんとこ、始める前に知っておきたかった!
そんな視点で書いた、HerokuをWindowsで使うチュートリアルです。
前提
macは使ったことがない!
Linux のコマンドだったらなんとなく雰囲気はわかる
GITはよく使う。リモートリポジトリとローカルリポジトリの違いがわかる
Windowsのcmdと、Linuxのshと、macのshellは区別がつかない。
PHPer
PredictionIOが使えるようになりたい……( *´艸`)
Heroku とは?
レンタルサーバーです。が、ほかのレンサバとの違いは、ソースコードを動かすためのサーバーのインフラ構築を自動的にやってくれること。PHPならだいたいどのレンサバにも入っているけど、Node.jsは? Javaは? ビルドはどうする? そういうのを全部自動でやってくれるから、開発者はソースコードを投げるだけ!
#「HerokuはRubyのサーバーである」的な説明は忘れてください。僕もそれに少し惑わされました。Herokuがすごいのは、インフラ構築をやってくれることと、その検出も自動的ってことと、その対応言語が他と比べて多いこと、なんだと思います。Rubyだけに限らず…ということです。
後述しますが、このデプロイログにでてくる「PHP app detected」がキーポイントなんです。
Heroku にファイルをアップロードするには?
しかしですな。どこにどう投げたらいいか、わからん!(≧▽≦)
かれこれ20年以上も前からWEB作ってたおじさんにとって、PUSHとかデプロイとか言われてもよーわからん。レンタルサー

サイト名: Qiita
2018年4月25日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する