京大、機械学習により「動物の行動戦略」を解読することに成功

最終更新日:

京都大学(京大)は、動物の行動データから報酬に基づく行動戦略を明らかにする機械学習法を考案し、これを線虫の行動へと応用することでその有効性を示したと発表した。同手法によって、従来の行動が制限された行動実験系から開放され、より自然な状況において自由に振る舞う動物の行動戦略の研究が進むことが期待される。

サイト名: マイナビニュース
2018年5月22日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する