擬音を数値化、商品づくりに 京王電鉄と電通大

京王電鉄(東京都多摩市)は電気通信大学大学院(東京都調布市)の坂本真樹教授と新会社「感性AI」を設立した。「ツルツル」「カサカサ」といったオノマトペ(擬音語・擬態語)などを、AI(人工知能)を用いて数値化するシステムを活用し、商品づくりなどに役立ててもらうという。坂本教授はAIや認知科学、感性情報学

サイト名: 朝日新聞デジタル - 東京

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する