Googleが軍事プロジェクトへの協力に対する社内ガイドラインを制定へ

最終更新日:

あるAnonymous Coward曰く、Googleは米国防総省と共同で人工知能関連の開発プロジェクトを進めており、一部従業員がこれに反発していることが以前報じられた。これに対しGoogleが、軍事プロジェクトに対して社内でガイドラインを設けることにしたという(iedge、CNET、Slashdot)。
The New York Timesが入手したGoogle社内の電子メールによると、このガイドラインは数週間以内に公開される予定で、AI技術を武器としての利用することを禁止するという内容だそうだ。 すべて読む | ITセクション | テクノロジー | 軍事 | Google | 関連ストーリー: Googleの従業員ら、同社CEOに対し米国防総省とのプロジェクトを止めるよう請願書を送る 2018年04月09日 ロシア、人型ロボットが拳銃を撃つ動画を公開。物議を醸す 2017年04月21日 イーロン・マスクやホーキング博士、ウォズなどがAI自律型兵器禁止を呼び掛け 2015年07月30日 殺人ロボット(自律型致死兵器システム)は規制されるべきか 2015年06月18日 イーロン・マスク氏、「悪意を持つAI」に対し懸念を表明 2014年10月28日

サイト名: スラド
2018年6月5日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する