AIは「映画監督」になれるか? 自動生成された不気味な映像作品から見えてきたこと(動画あり)

最終更新日:


映画『Zone Out』は、人工知能(AI)が脚本・監督を務め、たったの48時間で製作された作品だ。生身の俳優の映像と、多くの古い映画のシーンをAIがつなぎ合わせて生まれた不気味な“作品”は、創造の自動化や効率化がもたらす課題だけでなく、「映画をつくる人間の存在」までも問うものになっている。その製作過程に密着した。

サイト名: WIRED.jp
2018年6月25日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する