可変乗り物型AIロボット「CanguRo(カングーロ)」 千葉工大が開発

最終更新日:


千葉工業大学は4日、乗り物に変形する新型の人工知能(AI)ロボットを開発したと発表した。ロボットのときは人間の後についてきて買い物を手伝ったり、乗り物のときは自ら姿勢を傾けて旋回をサポートする。さらに改良研究を重ねて企業と共同で実用化を目指す。同大未来ロボット技術研究センターの古田貴之所長は「かつて

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する