オプティム、林業での資源量調査をドローンの空撮画像により提供

最終更新日:

オプティムは、林業向けに、ドローンの空撮画像を基に資源量調査を行うサービス「Forest Scope」の提供を開始する。  本サービスは、ドローンを用いた森林の可視化や、IoT(モノのインターネット)を活用したサプライチェーンの効率化を図る、同社の林業への取り組みの第1弾だ。同社では、農業向けドローンの開発や、空撮画像をAI(人工知能)が解析するサービスを行っており、今回のサービスではこれらの技術を林業に応用している。>>続きを読む

サイト名: キーマンズネット

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する