夏目漱石の文学作品から人工知能と意識の問題を考える


前回、小説『トリストラム・シャンディ』とハイパーリンクの無限連鎖性について論及した。そこで、同作品を物語構造のモデルとした『吾輩は猫である』を引き合いに出した。今回はその著者である夏目漱石について書いてみたい。

サイト名: ZDNet Japan

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する