鉄道総研、“いつもと違う振動”を機械学習で捉えるシステム

最終更新日:


有料会員限定記事現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です鉄道総合技術研究所は機械学習の考え方を利用して異常な振動を検出する「状態監視システム」を開発、営業列車での実験で故障の予兆を50日前から捉えていたと明らかにした〔図1、参考文献 1)〕。広い周波数の振動を捉えて、いつもと同じか違っているかを検出

サイト名: 日経xTECH

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する