アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導入へ

最終更新日:

米ボラティリティー・インデックス(恐怖指数、VIX)が不正操作に弱いとの批判に応えるため、米シカゴ・オプション取引所(CBOE)の運営会社CBOEグローバル・マーケッツが人工知能(AI)の導入を含めた複数の改善措置を進めている。

サイト名: ロイター

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する