富士通、ものづくり分野で設計業務を効率化するAI技術を開発

最終更新日:

富士通と富士通研究所は、ものづくりの分野において設計業務を効率化するAI技術を開発した。シミュレーションへ入力する設計データと、出力されるシミュレーション結果をAIに学習させることで、設計候補を高精度に評価。これにより、設計候補の評価に要する時間の削減が期待できる。

サイト名: マイナビニュース
2018年9月24日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する