AIがもたらす日本のビジネスへの変革とは

最終更新日:


今回のテーマは、「働き方改革」。AIというデータを活用したプロダクトが、個人や企業の働き方にどのような影響をもたらすのかを、デジタルコンテンツ(静止画、動画および音楽)を世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニー、ゲッティイメージズが保有する写真・映像・音楽のデータを活用したAI関連の事例と共にご紹介します。NEC の顔認証システムが東京2020オリンピック・パラリンピックの関係者入場認証に採用日本電気株式会社(NEC)は自社のAIの学習のため、ゲッティイメージズの豊富な画像データとメタデータ(アノテーション)を利用しています。この度、同AIを使ったNECのシステムが、東京2020オリンピック・パラリンピックの選手やスタッフ、ボランティアの大会関係者の会場入場時における本人確認に採用されました。ゲッティイメージズのAIデータセットは、1)品質が一定かつ膨大2)バリエーションが豊富(例:さまざまな角度で撮られた同一人物の写真など)3)AI学習用素材ではないため、他社AIとの競争優位性4)写真の内容についての信憑性の高さを評価され、テクノロジー企業やコンサルティング企業の機械学習に最適です。◆NECの事例紹介:http://welcome-to-gettyimages.jp/corpo_case/pdf/nec.pdf昨今の働き方改革を推進する仕組みとしても注目されている顔認証技術。顔を含めたモノの認証システムに当社のデータセットを多数活用いただいています。この度NECのAIシステムが東京2020に採用されたことで、更にセキュリティからリモートワークまで幅広いシーンでAIの認証技術が利用されていくと期待しています。クリエイティブかつ効果的なソーシャルメディア運営をサポート「Cortex(コーテックス)」2018年4月より、ソーシャルメディア投稿プラットフォームCortex上から、ゲッティイメージズの膨大かつ幅広いカテゴリーの素材にアクセスいただけるようになりました。CortexはAIが33,000社以上の活動を数年間に渡り分析したデータを基に、契約者のブランドに合った画像、過去に反響が高かったテキストなどを、タイミング、頻度と共に推薦するツールです。 CortexのCEOであるブレナン・ホワイトは「ゲッティイメージズとのパ

サイト名: The Huffington Post
2018年9月28日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する