いま、テクノロジーには「倫理」が求められている──シリコンヴァレーで生まれたガイドブックの真意


FacebookやYouTube、Twitterなど、テクノロジーを活用して人を幸せにするために生まれたプロダクトが、社会問題の温床になっている──。そんな現状への深刻な懸念から、シリコンヴァレーの研究所と投資会社が「テクノロジーの倫理」を守るためのガイドブックをつくった。チェックリストの活用などでサーヴィス開発に役立てるのが狙いだというこの試みから、どんな効果が期待できるのか。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する