オートエンコーダーとしてのU-Net(自己符号化から白黒画像のカラー化まで)

最終更新日:

画像の領域検出(セグメンテーション)によくコンペなどで使われるU-Netですが、オートエンコーダー(AE:Auto Encoder)としての側面もあります。今回はU-NetをAEの側面から見て、自己符号化や白黒画像のカラー化といったAEっぽいことをしてみます1。なぜU-Netが強いのかより理解できる

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する