空飛ぶタクシー、時速1000キロ鉄道、3Dプリンター建築… 未来都市・ドバイをルポ

最終更新日:

中東経済のハブ(中心地)として発展するアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。2020年には中東初の国際博覧会(万博)を開く予定で、それに向けた開発ラッシュが続く。空飛ぶタクシーやリニアモーターカーより速い鉄道、三次元(3D)プリンターを使った建築物--。野心的な成長戦略のもとで、世界中のイノベーション

サイト名: 毎日新聞
2018年11月12日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する