ADHDの子ども、脳に特徴出現

最終更新日:


ADHDの脳の構造に関する研究のイメージ図(福井大学提供)気が散りやすい、落ち着きがないといった注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもは、脳の特定の部位に特徴が現れることを、福井大学子どものこころの発達研究センター(福井県永平寺町)の友田明美教授、ジョン・ミンヨン特命助教らの研究チームが人工知能(A

サイト名: 福井新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する