原発審査ヒアリングをAIで文書化し公開 原子力規制委が2019年4月から

最終更新日:

原子力規制委員会は5日、電力会社の担当者らから非公開で審査資料などの事前説明を受ける「ヒアリング」について、人工知能(AI)技術で職員とのやり取りを文字起こしし、ホームページで公開する方針を決めた。来年4月から試験運用を始める。規制委は審査会合をテロ対策など一部を除き公開してきたが、ヒアリングは議事

サイト名: 毎日新聞
2018年12月5日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する