c++を用いたニューラルネットワーク(アヤメ)

最終更新日:

アヤメの種類(setosa, versicolor, virginica)を判定する誤差逆伝搬法を用いたニューラルネットワークを書いてみました。データセットに関しては、各種類50個ずつあり、それぞれ40個を学習用、残り10個をテスト用にします。今回、隠れ層は用いず、入力層と出力層のみの2層構造としま

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する