知ると意外に面白いスマホの「CPU」について! クアルコム「Snapdragon 855」搭載スマホのココがすごい!

最終更新日:


スマホなどモバイル端末向けSoC(システム化されたICチップ)のSnapdragonシリーズでおなじみの米クアルコムが、最新のフラッグシップSoC「Snapdragon 855」シリーズをハワイ・マウイ島で開催したプレス向けイベントで発表しました。2019年前半の登場が予想される「最新Snapdragonを乗せたスマホ」はどんな新しいことができるようになるのでしょうか。注目したいポイントをまとめてみます。
 
↑クアルコムのSnapdragon新シリーズ発表会がハワイ・オワフ島で開催。「5G」一色に染まった会場に330名の記者・アナリストが世界各国から集まりました
 
5G時代の到来にいち早く対応した
速度、容量のキャパシティともに現行の4G LTEを超える第5世代の移動通信技術「5G」の商用サービスが、世界の各地域で2019年以降続々とスタートします。次世代のSnapdragonシリーズはいち早く5G通信をサポートした「Snapdragon 855 Mobile Platform」に対応しています。
 
↑会場では完成したSnapdragon 855のチップを乗せたスマホによる通信、カメラ、オーディオなどの多彩なデモンストレーションが紹介されました
 
例えば、ある国・地域で5Gのサービスが始まったとしても、直後からあまねくエリアが5Gネットワークでカバーされるわけではなく、多くの場合は5Gと4Gの通信エリアを移動しながら使うことになります。
 
そもそも5G通信には「ミリ波」と呼ばれる新しい高周波数帯「5G NR(New Ratio)」を使うものと、6GHz未満(Sub-6)の周波数帯域による2つのサービスがあり、さらにミリ波で使われる通信周波数帯域も複数ある中でまだ“本命”が定まっていないという状況です。
 
そこでクアルコムの「Snapdragon 855 Mobile Platform」の場合は、Snapdragon 855のSoCに4G LTEの高速通信に対応するモデムチップ「X24」を統合して、なおかつ5G対応のモデムチップ「X50 5G」を組み合わせるプラットフォーム構成として、さまざまなモバイル通信の方式をカバーしています。4Gから5Gへサービスが拡大する変革期にも、端末のユーザーが不自由なく高速通信が利用できる所がポイントです

サイト名: GetNavi WEB

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する