電力使用データ:活用検討 出店、民泊、カーシェア…政府期待

最終更新日:


政府は、大手電力会社が持つ家庭や企業など送配電先の電力使用データを一般開放する検討に入った。顧客データを特定できないよう匿名性を高めた上で第三者機関に集約、使用料を払えば利用できるようにする考えだ。地域・時間ごとの利用状況や在宅傾向などが分かるため、例えば効率的な出店計画やシェアビジネスなど幅広い事

サイト名: 毎日jp
2019年1月18日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する