カキ養殖、AIで効率化 シャープと東大が実証実験

最終更新日:


シャープと東大が行っているAIでカキの養殖を効率化する実証実験「スマートカキ養殖」=広島県江田島市シャープと東大が、人工知能(AI)でカキの養殖を効率化する実証実験を行っている。漁場のセンサーで海水温度や塩分濃度がカキの成育に適した状態にあるかどうかをチェックしたり、カキを食い荒らす魚の接近を漁業者

サイト名: 毎日jp
2019年1月28日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する