ロボット掃除機の「市場を作ったモデル」って? 平成を彩った掃除機・洗濯乾燥機をプレイバック!

最終更新日:


平成を振り返ってみると、多種多様な掃除機や洗濯乾燥機が生まれてきたことがわかります。いまや誰もが知っている「ドラム式洗濯機」や「ななめドラム」「サイクロン式掃除機」などの誕生を今改めて振り返ってみましょう。
 
【解説する人】
家電コーディネーター
戸井田園子さん
大手ハウスメーカーで商品企画などを担当。性能やデザイン、価格を見極める技術と消費者目線を忘れない視点で、製品を厳しく評価します。
 
家事家電は平成期にその勢力図が激変!
掃除機と洗濯機(洗濯乾燥機)は、平成になってその勢力図が大きく変わった生活家電のひとつ。掃除機分野では、長いあいだ紙パック式が主流でしたが、平成10年代にサイクロン式が台頭してきました。
 
「火付け役がダイソンのDC12。7、8万円の高価格ながら大ヒットしました」(戸井田園子さん)
 
その後、同ジャンルではダイソンが牽引するかたちでコードレススティックがシェアを拡大。さらに、ルンバを筆頭にロボット掃除機も着実に勢力を伸ばしてきました。
 
洗濯機ジャンルではナショナル(現パナソニック)の〝ななめドラム〟発売が大きなトピック。腰を屈めずに洗濯物を出し入れできるななめドラムの登場が、ドラム式普及のきっかけとなりました。
 
「乾燥時の消費電力もヒートポンプ式の発達で低減。花粉症対策で外干しが減ったことも背景です。最近は、洗剤自動投入機能や天気情報とリンクした洗濯サポート機能など、クラウド連携の進化が目立ちますね」(戸井田さん)
 
<掃除機編>
【名機01/平成2年】ファジー家電ブーム到来
※写真なし
ナショナル(現パナソニック)
ファジー掃除機 
MC-S72VPK
ファジー理論を応用した初の掃除機。管に吸い込まれるゴミの量を赤外線で検知、ファジー理論を使ったマイコンがゴミ量に応じて吸引力を約40〜260Wで自動制御しました。
【平成豆知識】
ファジー家電とは?
曖昧を意味する「ファジー理論」を制御に取り入れた家電。洗濯機の場合、光センサーで水が汚れる速さを検知。汚れの程度や質を見極めることにより、これまで人間が勘で決めていた洗濯時間を洗濯機自身が自動的に設定してくれました。
 
 
【名機02/平成19年】ロボット掃除機市場を作った大ヒットモデル
アイロボット
ルンバ500シリーズ
自動充電・スケジュール機能など

サイト名: GetNavi WEB
2019年1月28日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する