学校の授業時間再編を巡る騒動から得た、人工知能にまつわる重要な視点:伊藤穰一

最終更新日:


ボストン公立学校の授業時間がアルゴリズムに基づいて変更され、不満を覚えた一部の保護者が強く反発する出来事があった。始業や終業の時刻、スクールバスの運行スケジュールを学年に応じて最適化し、所得の影響を考慮し、さらに運営コストの削減まで盛り込んだアルゴリズムは最適解を導いたはずだったが──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』US版への寄稿。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する