Scikit-learn でロジスティック回帰(クラス分類編)

最終更新日:


はじめにロジスティック回帰は、データを複数のクラスに分類する事象が発生する確率を予測するために利用されるモデルです。この記事では、Scikit-learnライブラリを使い、ロジスティック回帰によりクラス分類を行う方法を備忘録として書いておきます。Scikit-learn についてScikit-lea

サイト名: Qiita
2019年2月12日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する