AIでミツバチの個体数減少は防げるか? スイス研究チームの挑戦

最終更新日:


花粉を運ぶミツバチの個体数減少が生態系全体を破壊するリスクに繋がる可能性があるとして、世界各国で警鐘が鳴らされ始めて久しい。減少の主な理由には、殺虫剤など化学物質の過剰散布、地球温暖化による害虫の増加などが挙げられているが、ヨーロッパでは特に「バロアダニ」という害虫の存在が特に問題視されているという

サイト名: Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する