Apple Carは自動車ではなく電気トラックになる?


 
Appleの自動運転車事業「Project Titan」は、最終的に電気トラックとしてリリースされる、とドイツの雑誌Manager Magazinが伝えています。
Apple Carは自動車ではなくトラックなのか
Appleの自動運転者事業「Project Titan」がどのような形で製品化されるのかに関して、これまで多くの噂が飛び交ってきました。一時、Appleはハードウェア開発を諦め、ソフトウェア重視のアプローチをとっているとの報道があったりもしましたが、今のところApple Carとして車両が発売されるとの意見が支持を集めているようです。
 
Apple Carの発売時期は早くても2023年から2025年の間になると昨年8月時点で報じられていましたが、今回の報道でApple Carは自動車ではなく電気トラックである可能性が浮上しました。
1月に200人以上の従業員を解雇
Appleは「Project Titan」のためTeslaから人材の確保を積極的に行ったりしていましたが、今年1月に200人以上のプロジェクト「Titan」に関わっていた従業員を解雇したとされており、プロジェクトの将来の危ぶまれていました。
 
今回のドイツ雑誌の報道は、Appleの自動運転車プロジェクトがまだ続いているということを示唆しているのでしょうか。
7ページからなるホワイトペーパーも公開
Appleは現地時間の20日付で、「Project Titan」に関するホワイトペーパーを公開しています。
 
資料は7ページから構成されており、Appleの安全性、プライバシー、セキュリティに関する取り組み、実験状況などについて語られています。
 
「センシングコンポーネントは、車両が世界のどこにあるのか、その他の車両、歩行者、自転車など周囲にある物体を鑑定し、トラッキングすることができる」とAppleはセクションの1つで述べています。「これはLiDARを含めるセンサー、レーダー、カメラの組み合わせにより達成することができ、自動運転車車両の周りの360度の高解像度の3D映像を提供することができる」
 
Appleは2017年に機械学習分野において最大の国際会議で関係者限定で開発中の自動運転車技術のデモを披露したことがあります。
 
 
Source:AppleInsider

サイト名: iPhone Mania

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する