熾烈化する米中「新冷戦」 安全保障へのAI活用急務

最終更新日:

モノのインターネット(IoT)の進展に伴いサイバー攻撃はサイバー空間における安全保障ばかりでなく、実空間における安全保障のあり方も大きく変え、加えて人工知能(AI)、特に深層学習(画像認識など)の進展によって、AIの軍事革命として戦争を情報化戦争から知能化戦争へと移行させ、先頭を走る米国を中国とロシアとが急追する状況である。実際にロシアのクリミア併合ではサイバー攻撃、電磁波攻撃を巧みに使い、北大西洋条約機構(NATO)の出る隙さえ与えなかった。周知のように軍事バランスの変化は国際関係の変化に直結し、今後AI開発の優劣が国際関係をも左右することになろう。そのAI開発は米中が突出しており、いわば…

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する