活性化関数についての簡単な説明といくつかの種類


まえがき一応、前回のパーセプトロンの記事を読んでいる前提で説明します。前回の単純パーセプトロンでは以下のように出力yを計算しました。y = \begin{cases}0 & (b + w_1w_1 + w_2 x_2 \leq 0)\\1 & (b + w_1w_1 + w_2 x_2 > 0)\e

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する