パナソニックが車内外のセンシングにTOFカメラを提案、“1台3役”を強みに

最終更新日:


パナソニックは、NVIDIAのユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19~21日、米国カリフォルニア州サンノゼ)において、車内外のセンシング向けにTOF(Time Of Flight)方式の2種類のカメラを提案した。車内向けではジェスチャーによる操作や乗員の姿勢や行動を認識し、車外向けでは“1台3役”で周辺監視を行う。周辺監視用はハードウェアの工夫で解像度の向上を進め、最短で2024年ごろの製品化を目指す。

サイト名: MONOist
2019年3月21日 2020年3月31日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する