AI兵器の規制、意見対立が鮮明 米は利点強調


【ジュネーブ=細川倫太郎】25日にスイス・ジュネーブで始まった人工知能(AI)を搭載した新型兵器を議論する国際会議では、規制を巡って米国などの軍事大国と発展途上国の意見対立が鮮明になった。米国は的確な判断などAI兵器の利点を強調したが、途上国からは国際的なルールの必要性や倫理面の懸念が相次いだ。各国

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する