データにだまされるな!「平均値」は必ずしも真ん中を表していない

最終更新日:


統計学ではデータ全体の特徴や傾向を表す数値を「代表値」と呼ぶ。代表値には三つあって、一番よく使われるのが、全てのデータを足してデータの数で割った「平均値」、ほかに「中央値」「最頻値」がある。三つの代表値にはそれぞれ得手不得手があるので、データの種類によって使い分けた方がいい。

サイト名: ASCII.jp
2019年4月7日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する