時速100kmのドローンが衝突回避、1km四方で100機飛ばす管制システムの検証も

最終更新日:


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と福島県南相馬市は2019年4月11日、東京都内で会見を開き、ロボット関連人材の育成などに関する協力協定を締結したと発表した。具体的な協力として、2019年度はさまざまな企業が参加して1km2のエリアで100機のドローンを飛ばす他、南相馬市ー浪江町間の13kmで長距離飛行試験を予定している。

サイト名: MONOist

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する