東北銀と盛岡信金など、農業法人向けファンド

最終更新日:


東北銀行と盛岡信用金庫(盛岡市)などは、中小農業法人向けのファンドを新設した。規模は2億円で、両者の農業の6次産業化や経営支援といったノウハウを活用。IT(情報技術)やAI(人工知能)を活用した生産性向上など新たな営農や販路拡大を後押しすることで、岩手県の経済活性化につなげる。

ファンドは両金融機

サイト名: 日本経済新聞
2019年4月22日 2020年3月31日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する