長崎・五島、AIが訪日客に翻訳案内 スタートアップと連携

最終更新日:


長崎の離島が人工知能(AI)スタートアップと連携し、訪日外国人(インバウンド)を誘致する。長崎県五島市とAIコンサルティングのTEIT(ティート、東京・渋谷)はチャットボットと呼ばれるAIを使った自動会話アプリを通じて英語で観光案内する実証実験を始める。五島市の観光客は増えているが、外国人が1%未満

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する