吉田由美の眼メルセデス対BMWの激戦!車載“AIスピーカー”はどちらが使える?

最終更新日:


最近は、Amazon EchoやGoogle Homeといった人工知能を駆使したAIスピーカー(スマートスピーカー)が、一般のご家庭にも浸透し始めています。
先日、うかがったお宅でも、奥さまがAmazon Echoに「ハイ、Alexa!」と語りかけ、エアコンの温度設定を変更したり、照明を点けたり。奥さまいわく「すごく便利なのでもう手放せない!」とのこと。人前で呼びかけるのは抵抗があるのでは? と懸念していたのですが、話しかける方も、それを回りで聞く私も、さほど抵抗はありません。それだけ一般的になったということでしょう。
そうした波は、すでに自動車の世界にも押し寄せています。いち早く市販車へ導入したのはメルセデス・ベンツ。対話型インフォテイメントシステム“MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)”を、新型「Aクラス」に搭載しています。
■クルマの成長を感じられて愛着がわくMBUX
MBUXの最大の特徴は、AIによる学習機能で、特定のユーザーに個別対応できる能力を備えているところ。中でも注目は、自然対話式の音声認識機能を備えるボイスコントールで、呼びかける際のキーワードは「ハイ、メルセデス!」。ちなみにドイツなどでは「ヘイ、メルセデス!」なのですが、日本では「ヘイ!」という言葉はあまり使われないことから、「呼びかける際に抵抗があるのでは?」とのことで「ハイ! メルセデス」になったのだとか。ちなみにお隣の中国では、「ニーハオ、ベンツ!」なのだそうです。
MBUXは、自然対話型の音声認識機能だけあって、フレンドリーかつカジュアルな呼びかけにも応えてくれるのがポイント。ナビゲーションの目的地入力や電話のハンズフリー通話設定、音楽の選択、メッセージの入力/読み上げ、気象情報の読み上げに加え、車内の照明色やエアコンの温度設定を変更することができます。
例えば、エアコンの温度設定では、具体的な温度を伝えても対応してくれますし、「暑い」とか「寒い」といった、曖昧なリクエストにも対応してくれます。さらに、運転席、助手席それぞれに座る人の声に対応し、シートヒーターのオン/オフや温度設定なども、運転席、助手席それぞれで行えるのです。
インターネットにつながっていない場合はクルマだけで応答してくれますが、ネットとつながっている際は、クラウド上のソフトウェア

サイト名: &GP
2019年5月6日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する