IT大手が「畜産テック」に続々参入、ジビエの普及もAI次第?


有料会員限定記事現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

2019年、牛や豚、鶏を飼育する農家をAI(人工知能)やクラウドといったITで支援する「畜産テック」が加速している。ベンチャー企業から大手企業まで相次いで参入。IoT(インターネット・オブ・シングズ)を使った狩猟わなや流通経路を把握するシス

サイト名: 日経xTECH

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する