中外製薬、横浜に研究所新設し集約

最終更新日:

中外製薬は22日までに、横浜市戸塚区に新薬の開発を行う研究所を設立すると発表した。新しい研究所は2023年1月に稼働を開始する予定で、投資総額は1273億円。これまで創薬を手掛けてきた富士御殿場研究所(静岡県御殿場市)と鎌倉研究所(神奈川県鎌倉市)の機能を横浜市の新しい研究所に集約し、2拠点は22年

サイト名: SankeiBiz
2019年5月22日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する