ボクシング、五輪の階級数再検討へ 特別部会座長「選手の意向聞く」

最終更新日:


東京五輪で存続が決まったボクシングの運営の主体となる国際オリンピック委員会(IOC)特別作業部会の座長に選ばれた渡辺守成委員は23日、東京都内で取材に応じ、「選手を守る、選手のやりやすい環境を作るのが責務」と述べた。

IOCなどによると、作業部会では6月末までに男子8、女子5の階級を男女平等の観点

サイト名: 毎日新聞
2019年5月23日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する