グーグルが「肺がん診断AI」、3D画像認識の威力を知らしめた


登録会員限定記事現在はどなたでも閲覧可能です

物体の立体的な形状に基づいてそれが何かを判別する「3D(3次元)画像認識」は、AI(人工知能)の応用領域を広げる上で最重要の技術になりそうだ。米グーグル(Google)が2019年5月20日(米国時間)に公表した「肺がん診断AI」は、3D画像認識の威力

サイト名: 日経xTECH

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する