衛星画像とAIで水災被害を推測、東京海上日動の高精度ウェザーテック

最終更新日:


人工衛星が撮影した地上写真などを使い、保険金支払いの迅速化に取り組んでいるのが東京海上日動火災保険だ。台風や集中豪雨で川が氾濫するなど大規模な水災害が発生した際に、人工衛星の画像データからAI(人工知能)が水災の被害地域や浸水の高さを推測し、調査員の配置検討など査定業務を支援する。2019年6月にも

サイト名: 日経xTECH

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する