Raspberry pi + Nginx + uWSGIでWebサーバーを立ち上げDjangoアプリをデプロイしてみる その1

最終更新日:


はじめに
はじめまして、ochomaki(おちょまき)と申します。横浜でWebエンジニアをやっています
今回がQiita初投稿になりますので不慣れな点もありますが適宜改良を加えていくのでアドバイスいただければ幸いです。
本記事ではRaspberry pi(3B)にNginxとuWSGIをインストール、Webサーバーを立ち上げてDjangoアプリを表示させるところまで行います。最後までお付き合いいただければ幸いです
この記事はuWSGIのチュートリアル
Setting up Django and your web server with uWSGI and nginx — uWSGI 2.0 documentation を参考にしています。
Raspberry piとは
Raspberry piとは、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピューター。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されている。日本では略称としてラズパイとも呼ばれる(Wikipediaより抜粋)
端的に言えば小さなPCです。サイズはだいたいタバコの箱程度と、とてもコンパクトな上に安価で消費電力も少ないためIoT機器に用いられる事も多いみたいです。
今回Webサーバーとして使ってみようと思ったのも、消費電力が少ないため常時起動していても財布が痛まない事が理由だったりします。
また、LinuxベースのOS(Raspbian)を搭載できるので性能は控えめですが普通のPCとして利用できます。実際、この記事はRaspberry pi上でブラウザを起動して書いてます。
そのうちRaspberry piのセットアップについての記事も書いてみようと思います。
Pythonの仮想環境構築
Raspberry piに標準搭載されているPythonのバージョンは3.5.3と少し古いため3.7.2をインストールしし、デフォルトのバージョンに設定します。また、今回のプロジェクト(?)用に仮想環境も構築します。
仮想環境の構築はこちら [2019年]raspberry pi初期設定(pipenv導入まで) を参考にさせてもらっています。それでは始めましょう
terminal
# 標準搭載のPythonのバージョンを確認
$ python3 -V
Python 3.5.3
まずはgitを使ってpye

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する