朝日新聞社は記事見出しを自動作成中 ─ 開発とAPI公開の裏側に迫る | Ledge.ai出張所

最終更新日:


テクノロジーとは遠いイメージを持たれがちな新聞社ですが、実は社内には多くの技術者が働いており、最近では蓄積されたデータを活用したAIの研究が進められています。
朝日新聞社では、過去30年間およそ900万記事がデジタルデータとして蓄積されています。この膨大な言語資源を活用した取り組みが、AIによる見出しの自動生成です。
自動見出し作成API公開の裏側を、朝日新聞社メディアラボの田森秀明氏に取材しました。
田森 秀明株式会社朝日新聞社 メディアラボ 主査、博士(情報科学)2003年朝日新聞社入社。製作本部東京発送部、同工程管理セクション、システムセクションなどを経て現職。2015年7月~2016年6月スタンフォード大学アジア太平洋研究所客員研究員。
新聞らしい見出しを自動生成
――記事から自動で見出しを作成するAPIを作った背景を教えてください。
――田森「新聞記事の見出し作成には意外と手間がかかるんです。媒体ごとに見出しの長さを変えるなど、複数の編集者によって1記事あたり4見出しも考える場合があります。この例のように、見出しをつけることはかなりのコストが掛かるため、メディアの規模によっては編集者による見出し付与がかなりの重荷になっている場合があります」
社内ニーズに加えて、新興メディアや地方紙でも活用されるのではと考え、見出しの自動作成APIの開発が始まったといいます。
実際に、一般公開されているAPIを使い、Ledge.ai編集部でも見出しを自動生成してみました。
解析に使用できる文章は、最長で200単語までで、それを超える入力は内部処理でトリミングされます。今回は、記事から一部抜粋した文章から見出しを作成しました。見出しの文字数は指定せずAPIに推定してもらい、出力する候補数は5つに設定しています。
インプットした文章2019年3月28日、「メルカリAI技術説明会」が行われた。AI(人工知能)時代に向け、テックカンパニーを目指すメルカリの技術に関する取り組みが紹介された。登壇したのは、メルカリ取締役兼最高製品責任者(CPO)の濱田 優貴氏、AI Engineeringチームディレクター 木村 俊也氏、AI Engineeringチームマネージャー 山口 拓真氏だ。メルカリの技術面を担うメンバーが、世界のAIトレンドやテックカンパニーとしてメルカ

サイト名: Web担当者Forum

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する