偽動画対策、SNS企業に協力要請 米議会が公聴会


【ワシントン=芦塚智子】米下院情報特別委員会は13日、人工知能(AI)を使った巧妙な偽動画「ディープフェイク」の脅威と対策に関する公聴会を開いた。識者らは証言で、ディープフェイクが選挙や企業活動、外交にも影響を与えかねないと警告。SNS(交流サイト)企業に対策での協力を呼び掛けた。

AIを使った偽

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する