サンフランシスコ検察、訴追手続きにAI 偏見を排除

最終更新日:


【ニューヨーク=伴百江】米カリフォルニア州サンフランシスコの検察当局は人種偏見による冤罪(えんざい)を排除するため、犯罪の訴追手続きに人工知能(AI)技術を導入する。米国では黒人やヒスパニックなどの有色人種の犯罪検挙率が白人に比べて高く、人種偏見による冤罪も多い。そのため市民の警察への不信感も高まっ

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する