企業は採用候補者の評価にAIを使うべきなのか – HBR.org翻訳マネジメント記事

最終更新日:


採用の仕事は、いまだアナログである。そのプロセスの大半が採用担当者の主観に依存しており、偏見やバイアスの介入で適切な人材を逃すだけでなく、差別的な採用も見られる。筆者らは、人材採用に人工知能(AI)を取り入れることで、候補者の能力を客観的に見極めて、人間の意思決定の質をより高めるべきだと主張する。

サイト名: DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
2019年6月19日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する