リーガルテック(法律×IT)をわかりやすく解説 企業一覧、課題、市場規模は?

最終更新日:


さまざまな業界でテクノロジーの普及が進み、「フィンテック」「医療テック」「不動産テック」などのサービスが続々出てきています。それは、長らく「紙」文化だった法曹界も例外ではありません。2018年10月から最高裁判所(最高裁)は民事裁判のIT化を推進しており、2020年2月には全国の9裁判所でWeb会議システムを利用して争点整理を行うことが報じられています。紙を必要とせず、オンラインで完結する、将来の裁判の姿が徐々に見えてきたのです。本稿では、リーガルテック(法律×テクノロジー)をテーマに、その背景や国内外のサービス、そして今後の課題や見通しについてLegalTech協会 代表理事である伊澤文平氏が解説します。

サイト名: ビジネス+IT
2019年6月20日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する